ダイエットには有酸素運動が効果的?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットと言えば、食事制限して運動して、と考えがちですが、ただ運動と言っても仕方によっては全く効果が出ずに痩せないんですよね。
私の場合はとにかく運動というとランニングしたり筋トレしたりと、効率が悪いダイエット方法しか取り組んできませんでした。もちろんランニングや筋トレも正しく行えば非常に効果があるダイエット方法なのですが、脂肪を燃焼して痩せる効果がある運動方法は有酸素運動なんですよね。
おそらくダイエットを志している方はみなさん一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?ただ、具体的にどうすればいいのかまでは知らない人も多いかもしれないので、有酸素運動とはなにか?効果的な運動方法とはなにか?を紹介していきたいと思います。

運動には有酸素運動と無酸素運動がある

運動といっても方法はたくさんあり効果がそれぞれ違うのですが、まず大きく分けて有酸素運動と無酸素運動という者があります。基本的なこの二つをひも解いてみましょう。

有酸素運動とはなにか?

有酸素運動は酸素を体内に取り込んで、脂肪や糖質を燃焼しエネルギーを生み出す運動の事です。例えば、ウォーキングや水泳、サイクリングなどゆっくり時間をかけて行い、エネルギーの燃焼を行う運動が一般的です。
血流が良くなって健康的になり、美肌にも効果が期待できます。

無酸素運動とはなにか?

無酸素運動は文字通りですが、有酸素運動の逆で酸素を使わずに行う運動の事ですが、効果が期待できるのも有酸素運動とは全く異なる性質を持っています。例えば、瞬発系のランニングや筋トレなんかが一般的です。

ダイエット効果が期待できるのはどっち!?

結論から言うと基本的にどちらの運動方法もダイエット効果は期待できるのですが、方法が違うように効果の出方はそれぞれ違います。

有酸素運動は脂肪を燃焼させダイエットする方法なので、ぽっちゃりしてきた、、、脂肪が多いから脂肪を落としたいと思っている方には効果的な運動方法です。それには取り組む時間が重要になってきます。
短時間の5分とかでも効果はそれなりにあるようですが、脂肪の燃焼が高まるには20分以上は継続して運動を行わなければ効果は少ないです。
ランニングやウォーキングなどを継続して20分行う事で脂肪燃焼に非常に効果が表れますので、まず20分は継続したいですね。

無酸素運動は筋肉質なボディ、いわゆる引き締まったボディを手に入れたい人に向いている運動になります。腹筋や腕立てやランニングで激しい運動を短時間行う運動の事ですね。これによって筋肉量は増えるので代謝が良くなって、普段の生活で運動をしていない時でも脂肪燃焼してくれ、太りにくい身体を手に入れることができます。
たるんだ二の腕を引き締めたいとか、腹筋をもっと絞りたいなどの効果を期待している人には向いているかもしれません。
どちらもダイエットには必要な運動ですよね。
例えば有酸素運動で無駄な脂肪分を燃焼させすっきりしたところで、太りにくい身体にしていかなければ、リバウンドしてしまう可能性があるので、筋トレやランニングなどの無酸素運動を取り入れることで基礎代謝を上げて、脂肪燃焼を促進させて太りにくい身体にすることがダイエットを成功させるのに必要になってきます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*