朝食抜きダイエットは逆効果!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットがうまくいかない理由の一つに、三食きっちり食べて栄養バランスを整えないといけない。という事が言われていましたが、じつはあまり関係ないそうです。。。
私の場合は朝食を抜いたら代謝が落ちてしまうので、ちゃんと食べないといけないと思い、朝食は食べていたのですが、実は朝食を抜こうが抜くまいが、ダイエットにはあまり影響しないようです。

朝食を抜くと太るというのは幻なのか!?

研究結果では朝食を抜くことで太るというのは本当のように言われていますが、統計的に朝食を抜いている人の方が肥満の数が多いと言うだけで、決定的な理由まではちゃんとした結果がでていないそうです。
例えば、朝食を抜くと代謝が落ちるという事が言われていますが、確かに朝食を食べるとエネルギーの消費量は高いみたいですが、直接的に代謝が落ちて肥満につながるかというとそこまでの研究結果は出ていないようです。
他にも朝食を抜くと昼の脂質吸収が良くなってしまい、逆に太るという噂も同じく幻のようですね。

朝食は抜くの?抜かないの?どっちが本当なの??

実はこれには決定的な理由がありました。例えば、朝食を抜くパターンであれば、徹底的に同じ時間まで食べないという状態をつくらないといけないみたいです。規則正しい生活習慣を作ることで、朝食を抜いたら抜いただけカロリーは減りますので、同じ習慣を身に付ければ朝食抜きの方でも効果は期待できるようです。
また、朝食を食べる派でも同じことが言えるのですが、毎朝同じ時間帯に食べることができれば、食べても問題ないみたいです。
一番いけないのは、今日は朝ごはん食べよう!今日はもう少し寝てよう!みたいに、日によって食べる食べないと繰り返すのが一番ダイエットに良くないそうで、それこそ代謝がよくなくなったり、脂肪や糖分の吸収を促してしまったり、肥満を誘発してしまう要因になってしまうようです。

一番は本人が続けられるかがポイントになる

結局のところ、食べても食べなくても人によって合うか合わないかが違うので、自分がどのタイプなのかをしっかり見極めて行うようにしましょう。
食べる日食べない日があるようでは、せっかくのダイエットも効果が得られず、リバウンドの原因になりかねないので、気をつけましょう。

朝食を食べる人でカロリーを制限したい人は、炭水化物を減らすためにバナナがおすすめです。腹持ちも良くビタミンも取れますので、朝食を菓子パンで補っている人は是非バナナでお昼まで過ごしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*